生産設備のご紹介
生産設備のご紹介

物・人・情報の流通に有利な立地条件

 

電車、自動車、飛行機
いずれの利用も便利な立地条件にあります。

 

=電車=
新大阪駅に近く、新幹線の利用にも便利な立地条件です。
また、主要幹線である地下鉄御堂筋線の駅が徒歩圏内にあり、大阪市への中心部へ、或いは関西国際空港の入り口である新大阪駅、南海電鉄難波駅へ直結しています。

 

=自動車=
主要幹線である新御堂筋に隣接し、また名神高速道路の名神豊中インターが近いことにより、物の流通にも有利な立地条件にあります。

 

=飛行機=
国内線の伊丹空港、国際線の関西国際空港へのアクセスも便利な立地条件にあります。

 

>> お問い合わせフォームへ

 

 

個別生産設備のご紹介

プラント1
プラント1は、昭和化工で初めての中間試験工場として誕生しました。
100Lから5000Lのサイズの反応機を揃えています。また、各種溶剤、酸、アルカリと広範囲の反応に対応できるように材質もGL及びSUSの設備を備えています。
プラント2
プラント2は、プラント1にはない、減圧蒸留装置、高温反応機、高圧反応機を導入し、受託製品の対応範囲を広げる事をコンセプトに設計されたプラントです。
プラント3
プラント3では、医薬中間体・機能性中間体の製造工場として二硫化炭素をキーマテリアルとするコンセプトで設計されたプラントです。
現行の製品以外でも類似化合物及び類似反応は、医薬中間体分野やゴム薬関連分野で広く使用されている実績があります。
プラント4
プラント4では、低メタルの製品を製造するコンセプトで設計されています。
超純水は、工場内全体をラインで供給され、最終製品の乾燥取り出し及び包装はクリーン・ルーム内で作業できるようになっています。
また、もう一つの特徴として、取り扱いの難しいクロルスルホン酸、塩化チオニルを反応及び発生する廃液・排ガスを多量に且つ安全に取り扱う事ができます。
Copyright© 2010 Showa Kako Corp. All Rights Reserved.